前へ
次へ

iphone修理の現状をまとめます

携帯電話のiphone修理の種類としては、ガラス割れ・液晶割れ・バッテリー交換・水没・パーツ交換・ホームボタン交換・ドックコネクター交換等があります。
中でも一番多い落下等によるガラス割れは、液晶割れも伴っている場合が多いです。
アップルのiphone修理認定修理サービスで修理を依頼する場合は、自分でストアに持ち込む方式か配送で取りに来てもらう方式かの選択ができます。
いずれにしてもiphone修理完了までに10日以上の長い日にちがかかります。
その料金に関しては、ネットで広告を出している専門店よりかは若干安めです。
さらに、アップルケアーという保障に入っていれば、全てのiphone修理が三千円ほどですることができます。
費用的には安いですし、部品を含めて信頼は高いのですが、すぐに使いたいのに修理時間がかかるところがネックです。
その点、ネットなどの専門店は、即日対応などもあり、バックアップが不要、見積もり無料で三ヶ月保障もついていて、即効性があります。

専門店に依頼すると、ガラスや液晶のiphone修理関連ではアップルよりも五千円ほど高いですが、即日で二時間ほどで修理が完了します。
バッテリーの交換については、七千円ほどです。
また、水没については、バッテリー交換で復活する場合もありますが、ロジックボードと言われる基盤が壊れた場合は修理が不能となります。
ボタンやスピーカー、カメラなどの様々なパーツの交換もできます。
中でも一番使用頻度の高いホームボタンは、故障の可能性が高く、故障するとホーム画面に戻れないという現象が起きるので、使用自体ができません。
ドックコネクターは、充電の差込口ですが、こちらについても使用頻度が高く、機能しなくなると充電ができないばかりかパソコンと同期することができず、データのやり取りができなくなります。
専門店の広告では、詳しいiphone修理のパターンが掲載されています。
即効性をとるか値段をとるかはユーザーしだいです。

Page Top